今週の1冊 連載

【今週の1冊】おしゃれで個性的なクリスマスプレゼントにも!ずっと愛読できる絵本

もうすぐクリスマス!

街のいたるところでイルミネーションがキラキラ輝いてキレイですよね。

わが家の娘たちも「クリスマスツリーだ!」「サンタさんだ!」と見つけるたびにおおはしゃぎ。

先日はクリスマスマーケットに行って、にぎやかできらびやかなムードを楽しんできました。クリスマスグッズはどれもかわいくって、ついつい財布の紐も緩んでしまう…笑

ツリーとリースが飾られた赤い扉のおうち。なんだかサンタさんが出てきてくれそう

 

クリスマスの絵本も、選びきれないほどたくさんありますよね。

ハッピーなものもいいけれど、華やかなクリスマスを静かでやさしい気持ちで楽しむ、そんな心あたたまる1冊を。
今週は『もみのき そのみを かざりなさい』をご紹介します。

 

何度も繰り返し読み返したくなる!

 

ほし めざめなさい

 

 

はな おしゃべりを やめなさい

 

 

こども いのりなさい

 

クリスマスイブの夜、いろんな場所でいろんなものたちがクリスマスを迎える準備をしています。

 

ひとつの絵と短い言葉に込められた思いを感じながらめくる1ページ1ページ。
そして全21枚のイラストレーションでつづる、イブの夜のさまざまな出来事。

 

 

うちの長女の幼稚園は毎年クリスマスにはイエス・キリストの生誕を祝うクリスマスページェントを行っているのですが、それを見てクリスマスのイメージが変わりました。

ウキウキワクワク楽しいクリスマスには、楽しいだけじゃないおごそかな雰囲気もあるんだなあと。

 

そして、2年前に古本屋さんで見つけたのがこの絵本。

 

クリスマスの絵本は楽しいものも多いですが、ひと味違うこの絵本の雰囲気にグッときて思わず購入!

 

買ってから絶版になってることを知ったのですが、
それが去年、なんと復刊されたのです!!

 

下が1981年初版のもの。復刊版はそのままプレゼントできるように五味さんの手書きメッセージの入った星のシールがついているのが素敵です(上)

 

こちらは裏表紙。1981年初版には手書きのメッセージが!

 

作者は五味太郎さん。
みなさんのおうちにも一冊は五味さんの絵本があるのではないでしょうか?
わたしも幼い頃から馴染みのあるイラスト。
実はこの絵本、五味さんがクリスマスカードとして描いたものに言葉が降りてきて、絵本となったそうです。

ポストカードサイズの美しいイラストレーション、添えられる短い言葉。その一枚一枚の雰囲気が魅力的で、読んだ後はジーンと心の中に余韻が残ります。

わが家の子どもたちも、ほかの絵本との違いを感じて余韻を楽しんでいるようです。4歳の長女は詩のように音読し、2歳の次女は何度も「よんでー!」と繰り返しページを開いています。

 

 

そしてニジノ絵本屋にはサイン本もまだ数冊残っています。

五味太郎さんのサイン入り!特別感たっぷり!!

 

今年のクリスマスはこんな特別な絵本のプレゼントはいかがでしょうか?
世代を超えて楽しめるので、お子さんに、特別な人に、自分へのご褒美に。

 

スマスが待ち遠しい!!@クリスマスマーケット

サンタクロースに直接お手紙を渡すことができました!
写真も撮って満足そうな長女と緊張気味の次女。お願いしたプレゼント、届くといいね。

 

『もみのき そのみを かざりなさい 

作:五味太郎 出版社:アノニマ・スタジオ

ご購入はこちら

 

こちらもぜひ!

「TOKYO DOME CITY CHRISTMAS PARK」で開催中のクリスマスマーケットにて、ニジノ絵本屋も出店予定!

また12月25日(土)には、バンド「ザ・ワースレス」がサンタクロースと一緒に東京ドームシティの中をパレードします。バンドメンバーのわたしもいます!

お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

 

 

次週はもう今年も終わり。1日1日を大切に過ごしたくなる絵本「きょうというひ」をご紹介します。

 

 

都立大学の小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」

東京都目黒区平町1-23-20 TEL:03-6421-3105
営業時間:12:00~18:00(火定休) https://nijinoehonya.com/about

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ニジノ絵本屋

小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」。2011年、東急東横線「都立大学」駅近くにオープン。書店のほか、自社レーベルをはじめとする絵本の企画編集や出版を行う。音楽を交えた絵本の読み聞かせライブを仲間のアーティストたちと手がけており、2019年にはサマーソニックやグリーンルームフェスをはじめとしたフェスにも出演。書店/出版社経験ゼロで絵本屋をスタートしたエピソードをまとめたエッセイ『ニジノ絵本屋さんの本』(西日本出版社)が発売中。このコラムは、ニジノ絵本屋のメンバー。うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド「TheWorthless(ザ・ワースレス)」のうたとウクレレを担当している2人の娘のお母さん、sunny(サニー)が担当しています。

-今週の1冊, 連載
-, , , , , ,

© 2021 sesame