ライフスタイル

【子育て・小1の壁】Harumi Showroom ママPRのブログ

こんにちは!春海です。

いきなりですが「小1の壁」みなさんはありましたか?

今まさに真っ最中ですか?

うちの息子はこの4月に小学生になりました。集団登校が終わった頃に、学校行きたくないモードに入ったりはしましたが
すぐに行きも帰りも1人でできるようになり。私はあまりその「壁」を感じなかったのですが、

ここ1か月、それに対面した様に感じます。

 

私の場合は、息子にイライラしてしまうことでした。
だから、息子の壁というより、私の壁で。
まあママがイライラしているんだから息子にも壁ですよね。

保育園の時にもイライラする事はしょっちゅうありました。だけど今回のはちょっと違いました。

 

今は落ち着いてきたので、こうして書けますが
ピークの時はもう、ひどかった。誰にも話せないし話したくもないし、息子へのイライラは息子がそばにいる間中続きます。

 

主には

-宿題をしない
→宿題やるまでが長い。

(iPadで先生からの指示が来るため、iPadをあけると違うことをしだす、筆箱を出すために席を立つとおもちゃが目に入る、筆箱を出してテーブルに戻るとえんぴつが入ってなくてランドセルまでまた戻る…みたいな)

 

-明日の支度が進まない
→これもおんなじで、目的のものに辿り着くまでが長い。

脱線しまくる。しまいにはランドセルの中からつぶれた練り消しが出てきて汚い。はい、もう想像するだけでイライラしますよね?笑

 

-言うことを聞かない。
→イライラしている私の対応に向こうも苛立ち、わざとやらないゾーンに入ります。空気を変えてあげれば子どもは切り替えが早いのに、こちらが頭に来てるからそんな事できません。

 

と、この3つでした。
夜寝る時間が迫る中、焦りもあり私のイライラがさらに息子のやる気をなくさせる負のループ。

 

パパが相手だと全てがスムーズで、なら私居ない方がいいじゃん!と考えるようになり、
息子との接触を極力減らしました。

 

その時に夫からかけられた言葉が「どんどん息子との関わりなくなっちゃうよ?」と。

 

わかってる。わかってるから、どうにかしたいと思ってる。でもできないんだからどうしようもない。と。

ずっと家庭の空気が暗かったと思います。

そこから、私なりに時間がかかりながらも、ひとつ、解決の糸口を見つけました。
それは、息子の宿題の様子を動画に撮ってみた事。

息子の何がイライラするのか客観的にみれるかなと思いまして。そうしたら、脱線してる時間も1,2分だし
動画撮っているからなのか、なんだか私自身がよそ向きになるからなのか?それほどイライラしなかったんです。

その日の夜から翌朝までいつもよりは感情を抑えられたかなって感じました。
あとは、私が息子と楽しく過ごせる事は何だったのかを考えて。
私の得意な遊びは?と。

 

結果

- 彼が楽しんで観ているYouTubeを一緒に観る(観ると結構面白いんですよねくだらなくてw)
- 2人が共通して好きな映画を一緒に観る
-テレビを消して本を一緒に読む
-ごっこ遊び(私はゴロゴロしながら口だけ演技する。w)

 

この4つだけなら、私が平常心で、むしろ笑顔で過ごせるとわかりました。

 

だからそれ以外は、私が関わるのをやめました。いつか、近い将来私から離れていく息子。

彼との密な時間を自ら手放して後悔がないとは言えませんが、今はこうするのが良かったです。
無理して一緒にいても、あの辛い時間・空気が長引くだけでしたから。

逃げました。

 

結果、今はピークの時ほどイライラする事が減りました。
息子も私に笑っていてほしいから
ふざけるし、
でも、私がムスッとしてると言うことを聞かない。

人は鏡ですね!

 

このブログはまたいつか悩んだ日に初心に戻ってこれるように自分のために書いています。笑
すぐ来るんだろうな〜笑

 

悩んでいるママがいたら、
共感くらいにでもなれたら嬉しいです。
私は子どもと距離をとれる環境だから出来たことかもしれないし
それすら難しい方もいると思います。

 

だけど、聞くと、みんな一緒です。

 

ママと息子はお互いにイライラします。そういう関係性みたいですよ!だから諦めましょう!笑

 

*ちなみに。

このブログに使う写真、息子とのツーショットがなくてまー大変でした。笑
関わりを減らしていたのだから当然。

最終的には息子のキッズ携帯で一緒に自撮りしました。写真の雰囲気もエモくってツーショットってあまり撮れないから嬉しかったです!こういう小さな事から気持ちが上がっていけたらいいですよね~。

 

と、このブログもしや年内最後ですね!?

今年も読んでくださった皆様、ありがとうございました。

来年もマイペースに更新していきますのでよかったらお付き合いくださいませ〜!良いお年を♡

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Harumi ShowroomのPR ディレクター 春海茜

国内外のファッションブランドを扱うアタッシェ・ドゥ・プレスと卸営業のショールームHarumi ShowroomのPR ディレクター。1人息子の愛称は京様。

-ライフスタイル
-, ,

© 2021 sesame