ライフスタイル

【遊んで学ぼう!】ASOMANABO(アソマナボ)でアーティストになりきる!!

5

子どもたちへの習いごと、みなさんはどんな教室に通っていますか?ダンスやプログラミングもとても人気がありますが、定番の塾や語学系も気になりますよね。それから感性が磨かれるアート系にも興味があるお子さんも多いのでは?!

東京・三軒茶屋にある、「ASOMANABO(以下、アソマナボ )」は、なんとこれらすべてのクラスが楽しめる複合習いごとスペース。
テーマは「遊びをとおして学び、新しい創造を提供するクリエイティブファーム」。さまざまなクリエイターと子どもたちをつなぐ架け橋となるような学びの場です!

なかでも特に人気の「アートクラス」で開催された、すまあみ先生による体験型アートイベントの様子をお届け致します。

 

カラフルな出会いでクリエイティブ思考を育てる!

アートクラス「なりきりアーティスト〜世界の扉を開こう〜(アート、ときどき英語)」。こちらのクラスでは、毎回著名なアーティストをテーマに、彼らの手法や生き方からヒントを得て作品づくりを行います。また、制作中には英語フレーズを交えて進行したり、自然と子どもたちからも英語での会話が生まれたりします。普段体験できないアート作品づくりで世界の扉が開くような人気のクラス。

16歳でアメリカに渡りNYで活躍した壁画ペインターの”すまあみ先生”による独創的な楽しみ方が魅力です!

 

切り絵で紙コラージュを

この日はフランスの巨匠「アンリ・マティス」になりきって制作。切り絵によるアート作品が有名な彼の技法は、カラフルな紙を切って貼って完成させる自由なフォルムの切り紙絵が特徴的。
ハサミでチョキチョキ・・・、子どもたちも夢中で楽しみました。

すまあみ先生と作品のイメージをふくらませたら、切り紙スタート。色とりどりの紙を目の前に、みんなもくもくと切り始めました。

切った紙を壁にコラージュ。どんな形ができるのかワクワクです。

届かないところは先生と一緒に。壁一面をみんなの紙で飾っていきます。

色も形もみんなそれぞれ。思い思いの作品が完成です!

 

ガラスペイントで教室をデコレーション

今度は、教室前のガラス扉に絵の具でペイント。いつもとは違うキャンパスに、みんな初めはドキドキでしたが、筆を手にしたとたんダイナミックに描き始めました。

何かの生き物かな??

先生のアドバイスを聞いて、考えたり相談したり・・・。みんなで作り上げるおもしろさも学びます。

 

そして・・・、
いよいよ完成です!!!

街行く人たちの目に触れる大きなガラス扉。みんな真剣に描いたアートの前で、記念撮影。

 

 

子どもたちの達成感、笑顔。カラフルなペイントがたくさん付いた手もまたアートのよう。みんなで描いた絵は、子どもたちにとってまたとない思い出になったはず。

今回は特別な体験アートイベントでしたが、5月23日(日)よりスタートの本クラスでも随時体験募集をしてます。

「ASOMANABO」すまあみ先生によるアート教室の詳細とお申込みはこちら

 

アソマナボではその他さまざまなジャンルの習いごとも開催中!
ほかにはないクリエイティブな先生との出会いとプログラムも多彩にそろっていて、「アソマナボの習い事はこどもが行きたい!! と言ってくれる」という生徒さんママのお声も。

 

クリエイティブなキッズスクールを探している方はぜひチェックしてみてくださいね。

ASOMANABO
〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-13-15
お問合せ先:https://asomanabo.com/contact/
HP:https://asomanabo.com
INSTAGRAM:https://www.instagram.com/asomanabo_tokyo/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ASOMANABO PR&communicator玉置絵理

大学卒業後、フランス滞在。海外ブランドの子ども服プレスを経て、アソマナボPR&communicatorに至る。遊びを通して育む子どもたちのクリエイティブをサポート。プライベートでは1男の母。

-ライフスタイル
-, , , , ,

© 2021 sesame