今週の1冊 連載

【今週の1冊】おいしいひみつがわかる絵本

「あな」があいた食べ物といえば何を思い付きますか?

ドーナツ、マカロニ、れんこん…。

 

子どもたちも大好きなドーナツはなぜ真ん中に穴があいているの?

つかみやすいから?

かわいらしく見せるため?

 

食べ物の穴にはなんの理由があるんだろう?

 

今週は、おいしくってお勉強になる
『あなあなはてな』をご紹介します。

 

いしさをつくるひみつのあな!

 

ふだん何気なく食べている食べ物に、
どうしてあながあいているか知ってますか?

ちいさいあな、まるいあな、ながーいあな…。

あなにはちゃんと理由があるんです!

子どもは好奇心をくすぐられ、大人もなるほどー!とうなずいちゃいます♪

 

 

「あなあなはてな?なんのあな
どうしてあいた?こんなあな」

 

楽しくリズミカルな言葉であなのひみつを解いていきます!
ページをめくるのが楽しくなっちゃう!

好奇心いっぱいの主人公の女の子がかわいい!

 

見開きには違った紙を使っていて、描写も雰囲気たっぷり。

「あれ!ここだけザラザラしてる!」と触れて楽しむ発見も。

 

 

 

最後のページにこっそり綴られた
「あなのりゆうは いろいろあるよ みんなで かんがえてみてね」

 

子どもたちが楽しみながら考えて、調べて、
夏休みの自由研究にするのもいいですね。

 

 

私の中で、食べ物絵本といえば「はらぺこめがね」さん

 

作者は、しんやさん、かおりさんによる夫婦イラストユニット。
食べ物の絵はしんやさん、人物をかおりさん担当で描いているそうです。

二人が描くユーモアあふれる絵本は、
「おいしそう」なうえに「かわいい」のがたまりません!

 

こちらもおすすめです!!

 

「食べ物と人」をテーマに活動するはらぺこめがねさんのデビュー作は、
ニジノ絵本屋出版の「フルーツポンチ」!

「すきやき」、「ハンバーガー」など、
「はらぺこ印」と名付けられたシリーズはおなかがすくこと間違いなし!

独特な表現のオノマトペがおもしろい、楽しくておいしい絵本シリーズです。

 

 

朝のラジオ体操をする公園で見つけた、あなあなはてな?

 

たくさんのあなはセミが出てきたあな!

 

日に日に増えるあなを楽しむ夏休みです。

 

『あなあなはてな』

作・絵: はらぺこめがね アリス館出版

ご購入はこちら

 

「フルーツポンチ」、「すきやき」、「ハンバーガー」のご購入はこちら


※「フルーツポンチ」は重版準備中です

 

来週は涙なしには読めない…。

大切な人の存在を気づかせてくれる絵本「ヒワとゾウガメ」をご紹介します。

 

都立大学の小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」

東京都目黒区平町1-23-20 TEL:03-6421-3105
営業時間:12:00~18:00(火定休) https://nijinoehonya.com/about

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ニジノ絵本屋

小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」。2011年、東急東横線「都立大学」駅近くにオープン。書店のほか、自社レーベルをはじめとする絵本の企画編集や出版を行う。音楽を交えた絵本の読み聞かせライブを仲間のアーティストたちと手がけており、2019年にはサマーソニックやグリーンルームフェスをはじめとしたフェスにも出演。書店/出版社経験ゼロで絵本屋をスタートしたエピソードをまとめたエッセイ『ニジノ絵本屋さんの本』(西日本出版社)が発売中。このコラムは、ニジノ絵本屋のメンバー。うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド「TheWorthless(ザ・ワースレス)」のうたとウクレレを担当している2人の娘のお母さん、sunny(サニー)が担当しています。

-今週の1冊, 連載
-, , , , , , ,

© 2021 sesame