今週の1冊 連載

【今週の1冊】絵本芸人・ひろたあきらさんが描くユーモラスな猫の絵本

GW真っ只中!

お出かけされてる方も多いのでは?

 

GWのニジノ絵本屋にはかわいいねこさんがたくさん!

 

わが家の次女も愛猫(「ネコナデール船長」時にも登場した猫のぬいぐるみ)を連れて仲間に会いに行ってきました。

 

今週は、ニジノ絵本屋店内で原画展開催中のねこさん絵本『にゃおにゃおにゃお』をご紹介します。

 

いろんなねこがいて楽しいね! こんなねこもいていいんだ!?!

「ねこさん おいで」

 

 

「にゃお」

 

ねこさん1匹きました。

 

 

「にゃおにゃお」

 

ねこさん2匹。

 

 

「にゃおにゃおにゃお」

 

お!ねこさん3匹。

 

きっとこれは猫が増えると、「にゃお」と鳴き声も増えていくんだな!と想像していたら…

 

 

「にゃ」

 

4匹目でまさかの「にゃ」

裏切られました…笑

 

ページをめくるごとに増えていく猫さん。鳴き声や色や柄、表情もいろいろ。

猫の鳴き声ってみんな違いますよね。いろんな猫がいて、いろんな鳴き声がある。
1匹だって同じ猫はいないし、みんなが集まったらなんか楽しい!

 

作者はひろたあきらさん

吉本興業所属のお笑い芸人さんであり、絵本作家さんです。
以前ご紹介したむれもそうですが、ひろたさんの絵本は読み方も遊び方も読者が自由に決めて楽しめるところが好きです。

 

金子みすゞの詩のように「みんなちがってみんないい」と教えてくれます。
誰かと比べてしまわずに、みんなそれぞれでいいんだって子どもたちに伝えられる絵本です。

 

 

そして最後のページにはいろんなねこが登場!

カタツムリになったねこ、おばけのねこ、ユニコーンのねこ…?!!
ぜひ絵本を読んで確かめてみてくださいね。

 

5歳の長女はその最後のページが大好きで、「これは○○!」と1匹ずつを一生懸命教えてくれます。
ボードブック絵本になっているので赤ちゃんも安心して楽しめるし、
ページをめくるたびに増えていくねこたちに子どもたちの楽しみもふくらみます。

 

2歳の次女は何度も「よんでーー!」と持ってきて、「にゃお」「にゃおーん」とわたしに続けて真似して読んでます(笑)

 

 

ねこさこんにちは

 

愛猫を持って原画のねこさんにごあいさつ。
「にゃおにゃお〜」とうれしそうにしていました。

 

GW、ぜひかわいいねこたちに会いに来てくださいね!

 

『にゃおにゃおにゃお』

作:ひろたあきら 発行:ヨシモトブックス 発売:ワニブックス

ご購入はこちら

 

ひろたあきら『にゃおにゃおにゃお』絵本原画展

期間:~5月23日(月)まで

詳しくはこちら→https://www.instagram.com/p/Ccy23kwPtWk/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

次回は、あの名曲が絵本に?!「にじ」をご紹介します。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ニジノ絵本屋

小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」。2011年、東急東横線「都立大学」駅近くにオープン。書店のほか、自社レーベルをはじめとする絵本の企画編集や出版を行う。音楽を交えた絵本の読み聞かせライブを仲間のアーティストたちと手がけており、2019年にはサマーソニックやグリーンルームフェスをはじめとしたフェスにも出演。書店/出版社経験ゼロで絵本屋をスタートしたエピソードをまとめたエッセイ『ニジノ絵本屋さんの本』(西日本出版社)が発売中。このコラムは、ニジノ絵本屋のメンバー。うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド「TheWorthless(ザ・ワースレス)」のうたとウクレレを担当している2人の娘のお母さん、sunny(サニー)が担当しています。

-今週の1冊, 連載
-, , , , , ,

© 2021 sesame