今週の1冊 連載

【今週の1冊】探して、笑って、思いやりも見つかる! ひと味違った探し絵本

まちがい探しって子どもたちは大好きですよね。
見つけて楽しめて、大人も思わず夢中になってしまったり。

 

今週は子どもと一緒に楽しみたい!

絵探しだけどただの絵探しじゃない、ちょっと斜め上をいく探し絵本!『むれ』をご紹介します。

 

まちがいのひとつに描かれたいろいろな気持ち

 

きりんのむれ、とりのむれ、おばけのむれ、うちゅうじんのむれ、あめのむれ…。

ページいっぱいに描かれたいろんな「むれ」

 

その中には、みんなと違うものがひとつ

 

そのひとつを見つけるのがなかなか難しいものもあったり、
まちがいのひとつには、胸がグッとする気持ちが描かれていたり。

 

細かく書かれたありのむれ。

ちがうほうへあるいているいっぴきは?
これが、なかなかむずかしい!

 

 

ちがうほうへあるいていたありが行き着いた先には…、
さまざまなありがいっぱい!

 

おにぎりや目玉焼き、パンダの顔など、
ツッこみどころ満載の遊びごころあふれるありのむれが楽しい!!

 

そして間違いさがしのストーリーには、心温まるメッセージも込められています。

 

作者のひろたあきらさんは、吉本興業の芸人さん。

ユーモアあふれるイラストで、ほっこりとかわいい世界観にひたりながら楽しませてくれます。
絵もアイディアも斜め上を行く面白さは、さすが芸人さん!

 

最近お友達の話が増えてきた4歳の長女。

〇〇ちゃんはこう言ってたよ。

〇〇ちゃんはこうなんだって。

 

そんな時、「あなたはどうしたいの?」、「あなたはあなたでいいんだよ」と伝えるようにしています。

 

幼稚園という「むれ」の中で、友だちのよさを見つめて、自分のよさにも気づき、個性を思う存分発揮してほしいものです。

 

「ありのむれです。 みんなちがいます。」

ひろたさんのメッセージにも、“あなたらしくていいんじゃない?”という勇気をもらえます。

 

これからますます多様化していく未来に向けて、
じぶんらしく生きる大切なことを、楽しみながら教えてくれる絵本です。

 

ひろたさんと!@〈2019年6月〉ニジノ絵本屋「むれ」の原画展

 

ひろたさんに抱っこしてもらって、雨のむれを嬉しそうに指さすわが家の長女。

絵本芸人であるひろたさんを、すっかり大好きになった娘でした。

 

『むれ』

作:ひろたあきら KADOKAWA出版

ご購入はこちら

 

次回はがんばりすぎちゃうママに読んでほしい!『ママのため息』をご紹介します。

 

都立大学の小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」

東京都目黒区平町1-23-20 TEL:03-6421-3105
営業時間:12:00~18:00(火定休) https://nijinoehonya.com/about

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ニジノ絵本屋

小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」。2011年、東急東横線「都立大学」駅近くにオープン。書店のほか、自社レーベルをはじめとする絵本の企画編集や出版を行う。音楽を交えた絵本の読み聞かせライブを仲間のアーティストたちと手がけており、2019年にはサマーソニックやグリーンルームフェスをはじめとしたフェスにも出演。書店/出版社経験ゼロで絵本屋をスタートしたエピソードをまとめたエッセイ『ニジノ絵本屋さんの本』(西日本出版社)が発売中。このコラムは、ニジノ絵本屋のメンバー。うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド「TheWorthless(ザ・ワースレス)」のうたとウクレレを担当している2人の娘のお母さん、sunny(サニー)が担当しています。

-今週の1冊, 連載
-, , , , , ,

© 2021 sesame