ライフスタイル

【ワーママの心のモヤモヤは、こう解決!】Harumi Showroom ママPRのブログ

今日は、「ワーママの試練と葛藤」についてお話しをしたいなぁと。

 

なんだか重たい出だしですが(笑)、

実際私が悩んでいたので、ワーママとして奮闘するママたちの心の励みになればと思います!

 

仕事の繁忙期、抱えている課題が重なると
わたしの余裕がなくなり、イライラUP。。

そうすると、現在5歳の息子、京様の赤ちゃんがえりが激しくなります

 

 

赤ちゃん言葉で
しつこくしつこく甘えて求めてくる。

 

自分が言った事が、ちょっとウケると
永遠にそれを繰り返し言ってくる。

 

まあ聞いていたらかわいい奴ですよね、
男の子らしいというか。

 

なのにまったく優しくなれない…。

多分私はその時こんな顔をしています→ -_-

 

そんな自分にたまらず保育園の先生に相談してみました。

「ママはね、優しいとか優しくないとかじゃなくて

ただ、居るだけで良いんです。居なくなっちゃうと困るけどね」

と、ベテランの担任の先生は言ってくれました。

 

その場は我慢して、
園を出てからは、泣きながら自転車をこいで帰路に着いた私。

やっぱりワーママって、
仕事が忙しくなると子どもとの関係に大きく影響する気がします。

 

人間だもの、気持ちには限界がありますよやっぱり。

 

 

以前母が、育休3か月で会社に戻った私に言った一言。

「仕事は一生できるけど、子育ては一瞬だよ」

 

その時は意味が分からなかったけど、今はよく分かるなぁ。

 

しかし切羽詰まっている時には、こんな気持ちは思い出せないし
優しくなろうとしてもやっぱり無理で…。

 

「居るだけでいい」

その言葉だけでも心に留めて、大変な状況を一回肯定してみる。
“仕方ない”って許すのも手かもしれません!

 

そして同じ気持ちを持っているママたち!

自分を責めないで。

 

開き直りは良くないかもしれないけれど、
負のループから抜けられたエピソードなのでシェアさせてもらいました。

 

そしてここ数日、喧嘩をしなくなった私と息子。
穏やかな日々に驚きと嬉しさと…

 

子どもが小さいのは一瞬なんだなぁ。。
と、なんだか少しの切なさを感じています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Harumi ShowroomのPR ディレクター 春海茜

国内外のファッションブランドを扱うアタッシェ・ドゥ・プレスと卸営業のショールームHarumi ShowroomのPR ディレクター。1人息子の愛称は京様。

-ライフスタイル
-, ,

© 2021 sesame