ファッション

【女の子のハートをつかんでやまない!Venitの秋冬アイテム】Harumi Showroom ママPRのブログ

みなさんこんにちは〜!!すっかりご無沙汰してしまいました、、、
そうこうしているうちに急に寒くなって。前回アップしたブログの内容がリアルになってきましたね!(良かったら読んでみてください〜)

さて本日は、当社Harumi Showroomでお取り扱いがあるブランド、venit(ヴェニット)のキッズコレクションをご紹介します!
venitは「同じ糸でつながる、世代を越えてつながる。この一着への愛着が永遠に続きますようにーー。」というコンセプトにもあるように、
ママコでリンクコーデが楽しめるブランドです。

まずこちらのアウター。もう、イエローの方はなんでしょう、ひよこのようなふかふかな見た目がたまらなく可愛いくて。。

 

同じ素材で大人のアイテムもあるのですが、こちらはショールームでも立ち上がりから人気No.1でした。

 

こちらはシルキーな毛足の長さの異なるプードルムートン素材を組み合わせたシリーズ。ビッグシルエットでゆったりと着用できるので、中に色々着込んだり、いろんなボトムでコーディネートして楽しみたいなと思います。

あ、そうそう、このアウター、袖ありの方は大人はプルオーバーなのに対してキッズはジップアップ
脱ぎ着がしやすくなっていて子どもに優しいデザインは「さすが!」と褒めたくなります。

 

そしてお次のドレスは年末に向けてのパーティーとか、発表会だとか、かしこまった席にもバッチリ。

素材はコットン75%、ポリエステル25%のデニムシャンブレーなので、お洗濯はもちろん、色落ちの心配もありません。
胸元のスモッキング刺繍がとても手が込んでおり贅沢。大人も子どもも、目がキラキラしてしまうアイテムなのです。
お写真で伝わりますでしょうか?こちらはぜひ店頭で直接見て欲しいなと思います。

 

venitのキッズは女の子の心をグッと掴むみたいで、
以前購入してくれたスタイリストさんが「娘が本当に毎日のように着ているよ!また買わなくちゃ〜!」って言ってくれて。

大人が着せたいと思う服と、子ども本人が着たい服って、なかなか合わないじゃないですか?
だけど、どちらからも合格をもらえるのがvenitです、と自慢のブランドなのです。
うちの子も女の子だったら着せたかったな〜って思う、悔しいくらいに可愛いキッズ服のご紹介でした!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Harumi ShowroomのPR ディレクター 春海茜

国内外のファッションブランドを扱うアタッシェ・ドゥ・プレスと卸営業のショールームHarumi ShowroomのPR ディレクター。1人息子の愛称は京様。

-ファッション
-, , , ,

© 2021 sesame