おでかけ

田んぼの原風景や米食文化を継承する! 星野リゾート リゾナーレ那須「お米の学校 2021」を体験!!

この田んぼにreonaがまいた種が成長して苗になって、植えた苗が成長して稲になって、そしてたくさんのお米がなるんだよ!

3

日本初のアグリツーリズモリゾート「星野リゾート   リゾナーレ那須」では415日から、日本の原風景である田んぼや米食文化を継承する「お米の学校 2021」プロジェクトを始動しました。栃木県・那須町の米農家「稲作本店(FARM1739)https://farm1739.com/」協力のもと、リゾナーレ那須の宿泊者が、施設に隣接する田んぼで4月から10月までの間、それぞれの過程ごとに『種まき』、『田植え』、『夏の田んぼの観察』、『収穫』、『脱穀、精米』までの米作り、火おこしや炊飯などを体験します。そのプロジェクトのスタートとなる『種まき』を、sesameでも人気のキッズモデル・reonaさんが体験。お米に親しむ人口を増やし、リゾート滞在を通してお米の魅力を伝えていく学校の様子をお届けしていきます。

那須で米作りを続けて150 年、那須町の米農家「稲作本店(FARM1739)」から教わったお米作りをお客様とともに実践する【お米の学校 2021】プロジェクト。初めての授業となる『種まき』には「稲作本店(FARM1739)」の井上ご夫妻がお越しになり、お米にまつわるいろいろな事をお話ししてくれました。「お米の種はどれでしょう?」、「1年間にお茶碗何倍分のお米を日本人は食べているでしょう?」など、子どもも大人も興味をそそる問題もたくさん出題され、日本人のお米離れについて改めて考えさせられました。

第一回 『種まき』

地元農家から教わったお米作りをお客様と実践しお米の未来を生産者と消費者が一緒に考えるきっかけづくり。
お米一粒一粒の大切さや植物としてのお米を考えることを『種まき』を通して提案。

グリーンハウスにて行われた「種まき」には、「稲作本店(FARM1739)」の井上夫妻も一緒に作業!スコップ片手にアドバイスも。

下地となるパレットに土を敷いていくことからスタート。人の健康と、環境に配慮し、コシヒカリ・なすひかりなどの特Aランク米を 無農薬・減農薬栽培で育てている「稲作本店(FARM1739)」の井上夫妻が見守る中、土遊びが大好きなreonaさんの作業ははかどります。

井上夫妻のアドバイスのもと、適量を手に取り、手慣れた感じで種まきを楽しむreonaさん。参加者に配れらた手拭いを首に巻きファッションのポイントにするあたり、さすがおしゃれリーダー!

パレット一面にバランス良く種を敷き詰めながら「これでどれくらいのごはんができるのかな? 朝ごはんくらいかな?」とうれしいそうに尋ねるreonaさん。先ほど授業で受けた内容を踏まえて、思いは巡ります。

仕上げに近い慣らし作業にはママの力も借りてより丁寧に。今日一日で200gのパレットを40個、約8㎏の種まきが終了。参加者26名の思いをのせて、ぜひ「立派な苗に育ってね❤︎」とreonaさん&ママ。3週間後に予定される『田植え』が楽しみです。

メモ

次回は『田植え』をご紹介! 『種まき』でみんながまいた種が育った「苗」を、ひとつひとつ手作業で行う『田植え』。2〜3週間後、水を張った田んぼへ入り、実際に作業を行います。

星野リゾート リゾナーレ那須

2019 11 月に開業した日本初の「アグリツーリズモリゾート」。那須岳の山裾に位置する広大な大自然の中で、 地域の生産活動に触れる体験を軸に、コースやビュッフェで楽しむ食事、四季の自然を遊ぶアクティビティ、快適な客室で過ごすリゾート滞在を満喫することができます。 栃木県那須郡那須町高久乙道下2301

もっと詳しく

 

-おでかけ

© 2021 sesame