ファッション

【ママのデイリールックを格上げしてくれる「AKIRANAKA」】Harumi Showroom ママPRのブログ

後ろを振り返る暇なんてない毎日のワーママライフ。

息子の洋服は脱ぎ散らかしたまま、ばたばたと朝出勤→(出勤時に乗っている)自転車の鍵も外し忘れたり。。

そんな慌ただしいなかで、おのずと服装もやる気がなくなってしまいがちな平日でしたが、ちょっとしたことでファッション熱が湧いてきました!

 

始めてみたのは、
「その日履いた靴は、翌朝靴箱に全部しまう」

そうすると、【玄関に出ている靴をとりあえず履く】を避けられて、ちゃんと足元まで全身のファッションを考えられるように。
つい最近気づいた事ですが、おしゃれシフトになかなか良い感じがします。

 

そして、もう1つ。

 

ファッション好きな方はきっと誰しもが悩むであろう、ママとしての服装。
子どもたちと一緒にのびのび遊べるもの、でもママの存在を恥ずかしく思わないでいられる服を着ないと…。

何も気にせず自分が好きな服を着ても露出が高かったり、汚れちゃうのを気にしてしまったりして自分的にも気持ち良くないですよね。

 

しかーし!
ママだって着たい服を着たーい!

 

そんな時のおすすめブランドが、AKIRANAKA(アキラナカ)。

 

「attitudeを身に纏う」をデザインコンセプトにしたブランドで、
要は、「この服素敵だけど着ていく所ないな〜」ではなくて「この服を着て、美術館とかに行ってみよう!」と、女性のポジティブで新しい行動を駆り立てるような服作りが得意なブランドです。

 

でも、AKIRANAKAってきれいめな服のイメージじゃない??と思われた方。

アントワープ王立芸術アカデミーで学び、2007年にブランドを立ち上げたNAKAは実は2児のパパ

なので、ママの気持ちをくみ取ったお洋服もたくさんあるのです!

 

まずは、こちら。

着心地抜群な美シルエットのカットソー

どのブランドでも出しているカットソーですが、こういったベーシックなアイテムこそ、AKIRANAKAで手に取って欲しい!
袖を通した瞬間に感じる洗練されたシルエット。そして美しいのに、着ていて本当に楽!

ふっくらとしたショルダーにスリムな袖元で、ラフなのにエレガント見えのカットソー

 

立体的なシルエットが美しいデイドレス。ウエストベルトもスタイルアップ!

 

ここぞの日に着ることが多いAKIRANAKAの服がデイリーに着られる嬉しさは何とも言えません。おうちで洗える点も魅力的です。

 

 

ひとひねり効いたデザインデニム

「AKIRANAKA =デニム」って数年前はイメージがつかなかったけれど、デニムにもブランドらしいこだわりが光っています。

 

スノーケリングの足ヒレのようなディテールが特徴的なこちら。

横から見ても広がったシルエットに見えるようデザインされていて、 360度、後ろ姿も抜かりなく「わたし(個性)」を表現してくれます

 

前から見るとすっきりとしたストレート。裾のフィンのデザインは後ろにあるからママチャリにも引っかからなくて◎

 

そしてワイドデニムもいい感じ。

腰でしっかり止まるのに、この潔い太さ!

 

いつもワイドパンツを買ってしまう同ブランドの中でも、私の好み、ど真ん中です。

シャキッと美しいトップスをデニムに合わせれば、力の抜けたしなやかさを発揮してくれます

 

 

やっぱり好きな服を着る喜びはママになったって、いくつになったって、私たちの癒しです!

秋コーデの先取りに、ぜひAKIRANAKAを試してみてほしいです!

 

さあ、明日は何を着ようかな?

夜にこれを考え始めると盛り上がってしまい、大抵寝られなくなる私です。

※着用アイテムは一部店舗のみの取り扱いとなります

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Harumi ShowroomのPR ディレクター 春海茜

国内外のファッションブランドを扱うアタッシェ・ドゥ・プレスと卸営業のショールームHarumi ShowroomのPR ディレクター。1人息子の愛称は京様。

-ファッション
-, , , , ,

© 2021 sesame