今週の1冊 連載

【今週の1冊】見かたを変えれば毎日が楽しくなる♪

がんばりすぎずに!とか、じょうずに手を抜きましょう!とか、子育てしているとよく目にするワード。

家事も育児も「がんばり屋」のお母さんは、毎日ドタバタ、ドキドキ、 ハラハラ、イライラ、てんてこまい。

毎日忙しくしているとクッタクタで、ため息が出ることもありますよね。

 

今週は日々奮闘するママの心も笑顔になっちゃう絵本『ママのため息』をご紹介します。

 

ため息ってなにでできてるんだろう?

 

「はあー」

ママの深いため息。

「どれどれ」ママのため息を観察する子どもたちは興味津々。

 

「ため息は心配と不安と悩みと疲れでできてるんだ」

と気が付きます。

 

“ため息”に“元気”を混ぜて遊びはじめる子どもたち。

ポインポインと飛んだり跳ねたり、「ねえ、綿菓子屋さんごっこしようよ!」とくばり始めたり!

 

子どもの目から見たら"ため息"だって楽しいおもちゃ!

子どもって面白いものを発見したり、なんでも遊びに変えられる天才ですよね。
大人の先入観を飛び越える、その柔軟さに心打たれることもしばしば。

 

「疲れてても、どんなママでも
 ぼくたちママのことだいすき」

遊びつかれてお母さんに抱き着く姿に、ジワジワと心がほぐれような気持ちになります。

当たり前なことだけど、子どもの“だいすき”はお母さんを笑顔にしてしまうもの。

 

そして最高に素敵なパパが登場する最後のページにジーンと胸が熱くなります。

 

作者の工藤あゆみさんはイタリア在住で5歳になる娘さんを持つママアーティスト。
もともと紙芝居として作られたこの絵本。
イタリアでも紙芝居の読み聞かせをしていたそうで、絵本にはイタリア語と日本語が一緒に書かれています。

 

そしてこんなおまけも。

 

巻末にはため息を観察できる透明の紙風船付き。

なんてユーモラスなアイデア!
ママのため息も楽しい遊びに変身しそう!

 

 

”ふー”じゃなくて”ぐー”。
毎日全力で遊びを楽しむわが家の娘たち

 

めいっぱい遊んだ帰り道は2人して自転車でぐーぐー。

そんな時は私も自転車を止めてひと休み。

スヤスヤ気持ちよさそうに眠っている寝顔を見ながら、
「また明日もお母さんがんばりましょう!」と心の中でつぶやきます。

 

『ママのため息』

作:工藤あゆみ ニジノ絵本屋出版

ご購入はこちら

 

来週は、うまく言えない気持ちにそっと寄り添う絵本「おなみだぽいぽい」をご紹介します。

 

都立大学の小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」

東京都目黒区平町1-23-20 TEL:03-6421-3105
営業時間:12:00~18:00(火定休) https://nijinoehonya.com/about

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ニジノ絵本屋

小さな絵本専門店「ニジノ絵本屋」。2011年、東急東横線「都立大学」駅近くにオープン。書店のほか、自社レーベルをはじめとする絵本の企画編集や出版を行う。音楽を交えた絵本の読み聞かせライブを仲間のアーティストたちと手がけており、2019年にはサマーソニックやグリーンルームフェスをはじめとしたフェスにも出演。書店/出版社経験ゼロで絵本屋をスタートしたエピソードをまとめたエッセイ『ニジノ絵本屋さんの本』(西日本出版社)が発売中。このコラムは、ニジノ絵本屋のメンバー。うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド「TheWorthless(ザ・ワースレス)」のうたとウクレレを担当している2人の娘のお母さん、sunny(サニー)が担当しています。

-今週の1冊, 連載
-, , , ,

© 2021 sesame